京都観光四季情報

京都観光情報・観光コース

特別拝観・一般公開

京都観光情報・京都の特別拝観・一般公開

京都の庭園 二十四選

京都の庭園 二十四選

京都のイベント情報

京都のイベント情報

坂本龍馬と歩く京の町

坂本龍馬と歩く京のまち

教王護国寺 (東寺)

東寺五重塔・桜前線

東寺・桜前線

京都鉄道博物館

花綴 お宿について 京町家・ゲストハウス

この度、ゲストハウス花綴をオープンさせて頂きました。

京町家花綴は、京都の中心部にございます。 本館はご利用の皆様(ご家族・お友達グループ)が
町家を一軒貸切って「ゆっくり」とおくつろぎ頂けます。

1階は、6畳の和室で、皆様でごゆっくりして頂けます。
2階には、寝室の7畳と8畳の部屋があります。

館内は、町家保存のため全館禁煙とさせて頂きます。よろしくお願い致します。

     

京都花綴は、本物の京町家を改装したゲストハウス・素泊り宿です。 (ゲストハウスについての詳しいご説明は、お部屋の紹介をご参照ください)

一軒をご家族、グループでご利用いただく、格安料金で宿泊できるのが大きな特徴でございます。 また本物の京町家に実際にご宿泊頂ける数少ない場でもあります。
2015年4月オープンということで内装・設備は新品で冷暖房付・洗浄式になっています。 京町家の伝統的な雰囲気を残しつつ、快適に過ごして頂けるようになっております。

ゲストハウスは、安価な簡易宿泊施設で、低予算で個人が自由に旅行する。その自由で安価な旅行を支えているのが、花綴・ゲストハウスです。 ゲストハウスでは食事の提供はおこなっておりませんが、共同設備であるキッチンを自由に使って頂くことが出来ます。また他の旅館、ホテルより安価な宿泊が可能になっていますのが特徴でございます。
通信設備(PC、Wifi)も取り揃えております。どうぞご自由にご使用ください。



花綴 京町家・ゲストハウス・一軒貸切

京都花綴は、京都の中心部に御座います。

二条城、壬生寺(新撰組記念館)が徒歩圏内にあるのをはじめ、多くの観光スポットが点在しています。
さらに神社や寺院だけではなく祇園、河原町や美術館、動物園も近隣にございます。
(詳しくはお宿についてまたはアクセスのGoogleマップをご覧ください)

京都での移動は電車とバスが基本です。
花綴 当宿は、徒歩4分圏内に市バス・バス停(四条中新道)があるます。
京都市バス主要停留所、JR嵯峨野線、嵐電、がすぐそばでとっても便利な場所にございます。
市バスを利用して

金閣寺、清水寺、平安神宮、嵐山・トロッコ列車、嵯峨野、竹林の小道、東寺、東福寺、
京都水族館、梅小路LS機関車
等へ乗換えなく行けます。
又、京都駅へは、JR嵯峨野線丹波口駅が徒歩5分圏内にあります。


壬生温泉はなの湯

至近にお馴染みのお店が・・・温泉・食事処(寿司・和食・ステーキ)

・大温泉 壬生温泉はなの湯 (徒歩7分)
・回転寿司 (徒歩5分)
・スターバックス (徒歩5分)
・和食 かごの屋 (徒歩5分)
・ユニクロ (徒歩5分)
・レンタルサイクル 075-821-7080 (徒歩5分)等があります。

もう少し、足を伸ばしますと、JR丹波口駅から南に京都中央市場があります。
場外市場で新鮮な食事をして頂くのも如何でしょうか。


京都水族館イルカ

花綴から徒歩約20分の近く、京都鉄道博物館・京都水族館

☆ 京都鉄道博物館4月29日 GRAND OPEN !☆
京都鉄道博物館へのアクセス

花綴より嵯峨野線「丹波口駅」を経由して徒歩約20分(花綴~丹波口駅徒歩約5分)
嵯峨野線「丹波口駅」を南方向(大通り(五条通)の逆方向)にまっすぐ南にお進みください。
約10分で七条通りに出ます。 横断歩道を渡って梅小路公園を直進し、
右手の高架をくぐり、エントランスホールからお入りください。

☆ 京都水族館 「海のない京都盆地に、なぜ水族館?」
   山紫水明の街で、あなたをお待ちしています。☆

☆梅小路公園☆

京都観光案内 ・ 京都駅周辺 京都駅ビルカフェ&レストラン

Kyoto Station Building Cafe & Restaurant 京都车站大楼咖啡厅和餐厅

京都市内食事処 ・ Japanese food・Restaurant-kaiseki cuisine ・京都市内観光スポット  

■ 壬生寺(新撰組記念館)徒歩4分

壬生寺の歴史
壬生寺は正暦2年(991)、園城寺(三井寺)の快賢僧都によって創建され古い名を地蔵院、宝幢三昧寺、などと号した。
宗派は、南都六宗の一つである律宗に属している。 昭和37年(1962)、本堂を全焼し本尊地蔵菩薩像を含む多数の寺宝を失った。
しかし新しい本尊延命地蔵菩薩立像(重要文化財)が、律宗 総本山唐招提寺から移されて、昭和45年(1970)に本堂の落慶法要が行われた。
五仏錫杖頭(重要文化財)や列仙図屏風(長谷川等伯筆・重要文化財)、室町時代の作を含む190点の狂言の仮面などの寺宝を今に伝え、年間法要や700年の伝統を持つ壬生狂言(重要無形民俗文化財)は絶えることなく行なっている。新選組ゆかりの寺でもあり、境内の壬生塚には新選組隊士の墓塔をまつっている。

八木家
八木家
前川荘司邸
新撰組 近藤勇